コミュニケーション、生産性向上

こんにちは 鈴木いずみです 長引くコロナ禍の影響で、社員のストレスが増していると感じる社長も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 密にならない工夫をしたいけれどすぐには改装に取り掛かれないという声も聴こえて参ります。 本日は取り掛かり易いものを中心にご紹介させて頂きます。

先月、所属している家ねっとでセミナーを開催致しました。 当日は、参加された皆さまお一人づつからメッセージや、御自身の生き方や暮らし方にも触れるお話もして頂き、終始温かな雰囲気の会場でした。 家ねっと代表中野むつみさんが、ここ数か月で暮らしや生き方が変わった、3名のメンバーにインタビューする形で行われました。...

社員のためにと社長が新たに設えた休憩室。 残念ながら、相変わらず各自のデスクで食事をされています。 訪問してその理由が判りました。。。

今回の講演で「何のために」をしっかり持っている人に事業承継をする!必ず!という言葉がありました。 企業でいうとミッション、理念なしでは100年続かない、と。 5年来ジャパネットたかたの経営には一切関わっていない、顔出しもされていないとの事。 その理由が少し判った気がしました。

食事をする空間が用意されていないケースもありますが、空間があってもほぼ全員がデスクで取っている企業が多いんです。御社では如何ですか? 食べながら仕事が出来るし、SNSやゲームも楽しめる。というのが便利!という声もありそうです。 一見良いように見えますが、実は生産性を下げる要因がいくつもあります。

社長との会話で、最近少し空気感みたいなものが変わってきた様に思います。 もちろん、社内コミュニケーションのテーマはあって、促進を希望されるのですが「どうすると、社員の満足度を高められるか?工夫を色々試みたい。」と仰る方が増えたように思います。

こんにちは鈴木いずみです。 本年もどうぞ宜しくお願いいたします。 「私にしか出来ない事ってなんだろう」昨年からずっと考え続けている事なんです。 人のいる空間、のコーディネートを仕事にして四半世紀が過ぎました。...

ある広い部屋で、窓を開けさせて頂き思わずつぶやきました。 「ここ、良い部屋になると思います。」 秋になり社長から連絡があり、実行へ向け計画を開始しました 社員の方々から聴き取りで、積極的な意見がでたことが私はとても嬉しかったのです。