コロナを機に考えた私らしい暮らし方

90歳になる母と暮らし始め3週間が過ぎました。

 

高齢者専用住宅に父とともに住み始めたのが6年前

父の他界後は一人で住んでいました。

 

寂しいのは言葉にしなくても解っていました。

たまに内に泊まりに来ると「帰りたくないな、半分冗談!」などと言っていました。

 

私はこの6月に夫の四度目の祥月命日を迎えました。

まだ捨てられなかった夫の仕事や趣味のものを、捨てよう、とやっと思えた時期でした。

 

「あと15年いずみの傍で生きるよ」と言っていた夫が突然逝ってしまったことは、立ち直るのに想像の何倍もの時間が掛かりました。

 

 

 

コロナを機に考えるようになったのは、自然に生きようという事でした。

私にとって自然に生きる、無理せず生きる方法を漠然と考えていました。

 

そのころ、母からのラブコールがあったのです。

高齢の母との同居は、私に責任感を強く持つことが必要です。

そして時間をこれまでよりずっと上手に使わなければなりません。

 

でも、頭ではなく心で、母と暮らそう!と自然に思えたんです。
一緒に住みたいと言ってくれる大切な人と暮らすことは、掛け替えのない事と思いました。

 

 

 

さて、母との暮らし

それぞれのあずましい形を模索しながら(結構けんかもしながら)進んでいます。

 

次回は、そのあたりを、書きたいと思います。