必要なものだけを持って行きる

このたびの北海道胆振東部地震により被災された皆さまとご家族に、こころよりお見舞い申し上げます

一日も早い被災地の復旧・復興をお祈りいたします

 

携帯アラームの直後にやってきた震度5強の揺れ

地震対策をしていなかった食器棚を思い出し、抑えに走りました

幸い家での被害は少なく花瓶が倒れた位でした

 

停電と断水の中、明るくなるまでにする順番を数えていたとき家ねっとのおふくろ的存在、洋子さんからメールが届きました

 

メンバーは50~60代、そう年齢は変わらないのですが、いつもお母さんのような温かさで皆を見守ってくれているような存在です

 

皆の安否確認をするなか、電波が届かなかった私を心配してでした

 

「いずみさん大丈夫?私はお腹が空きました」緊張していたこころと体が一気に緩みました

逞しくならねば!大げさかも知れませんが、その時思ったのです

  

ライフラインがいつまで途絶えるか判らない、生きる事を考えよう!

前日買いそびれたお米を買い出しに、信号が消えた真っ暗な中コンビニに走りました、地震から一時間位の事でした

 

あれから、間もなくひと月が経過しました

吹雪の日の震災も想定して電池式ストーブや、携帯できる太陽光充電器、非常食などを備えました

 

直接被害に遭われた方を始め、多くの方が生きる事に直面した震災であったと思います

この機会に!と断捨離をしているという話も何度か聴きました

 

実は私、何度も断捨離に挑戦しながら失敗していました

昨年亡くなった夫の荷物、仕事の物は全く何も、本一冊も捨てられないできました

 

母から預かっている生活用品(同じ用途ものが家にもあるので今後も使わない予定)もあります

そして年末に亡くなった父の荷物

 

形見だけ残し、処分しようと母に相談するも、セーター一枚にも想い出があって捨てたくないと言いますが、夫の物に対して私も同じ、母の気持ちが良く判ります

 

何かきっかけがないと難しい、断捨離にはエネルギーが必要、そう感じてきましたが震災がそのきっかけになりました

 

今、もの凄い勢いで断捨離をしています

ご近所は引っ越し?と思ってみているかも^^

必要なものだけを持って軽やかに生きる、そんな自分を想像しています

 

いやぁ~それにしてももの凄い量に驚き!

負けずに頑張ります!理想の自分を目指して~