暮らし方

寄り添う仕事人
暮らし方 · 2021/11/26
空間を生業にしてから四半世紀が過ぎました。 住宅からオフィスへ提案の場は変わりましたが、お客様に寄り添う立場でいたい、という思いは変わりません。 先日、この業界で生きて行く、というきっかけを頂いた恩師より、お誘いの連絡を頂きました。 恩師がコーディネートをお手伝いした築50年のリフォーム邸宅見学会でした。 玄関に招いて頂いてから、見学終了まで驚きの連続でした。 新たに購入したものはたった二点のみ、というお宅は細部に至るまで工夫が凝らされ、見学をご一緒していた空間の専門家の方々から感嘆の声が上がりました。

暮らし方 · 2020/12/09
「あーよかった!ケアマネさんに磨く前の黒いお鍋を見られなかったわ!」 我が家で暮らして半年になる母が言う 母が来てから介護関連の方が結構出入りするようになった 家での暮らしに不便や危険はないか、という観点からなので、 そこは関連ない、と思うのだが、 どうも母は、家事が整っていない事が気になるらしい...

暮らし方 · 2020/11/06
先月、所属している家ねっとでセミナーを開催致しました。 当日は、参加された皆さまお一人づつからメッセージや、御自身の生き方や暮らし方にも触れるお話もして頂き、終始温かな雰囲気の会場でした。 家ねっと代表中野むつみさんが、ここ数か月で暮らしや生き方が変わった、3名のメンバーにインタビューする形で行われました。...

暮らし方 · 2020/09/01
90歳の母と二人暮らしを開始してまるふた月になりました。   空間づくりを仕事にしているので、 自分の暮らしを快適にしたい気持ちが強いほうです。 が、二人暮らしになって、半分は母のあずましいを実現するため ソファを母のものと入れ替えたことなど先月(8月1日) のブログに書かせて頂きました。  ...

暮らし方 · 2020/08/01
母と暮らし始めてちょうどひと月になる 父の他界後、施設に住み続けていた母だったが 独りぼっちは限界~!という空気は暫く前から醸し出していた 父との想い出の家具数点はどうしても持って来たいと言う 私は空間を仕事にしているので、リビングは自分の好きにコーディネートしたい方である リビングのソファについて、母が...

コロナを機に考えた私らしい暮らし方
暮らし方 · 2020/07/19
90歳になる母と暮らし始め3週間が過ぎました。 高齢者専用住宅に父とともに住み始めたのが6年前 父の他界後は一人で住んでいました。 寂しいのは言葉にしなくても解っていました。 たまに内に泊まりに来ると「帰りたくないな、半分冗談!」などと言っていました。

暮らし方 · 2019/11/22
60歳を機に、私の新たな事業を手伝い始めてくれていた夫がこの世を去って2年5か月になる。 夫が病に倒れる前は忙しさにかまけてすっかり甘え、感謝の言葉を忘れていた。 四日間眠り続ける夫へ目が覚めたら伝えなければ、という言葉が沢山湧いてきた。 その後、毎日病室へ通って会話出来る事が、本当に幸せだった。...

暮らし方 · 2019/11/02
「レフトアローン」その曲だけは!一生吹く事はないと思っていた。 ところが、なんということでしょう~! 今まで練習した曲とは全く違う、自分にぴったり寄り添ってくれるような音色 吹きながら自分が癒されているような不思議な感覚で心地良い♪ 生前夫は「僕はいつかピアニストになる」と言っていた。...

趣味と夢
暮らし方 · 2019/04/30
さて、私はどうだろう。 近所に畑を借りて続けた野菜作りは、ひとり暮らしになって通いきれず食べきれずで、暫くお休みにした。 今、数年前に出逢ったサックスを楽しんで演奏している。 夫は、直ぐに飽きて違う事に夢中になるんじゃないの?という目で私を見ていたようだ。

音楽と私♪
暮らし方 · 2019/04/03
「あなたも何か楽器を始めると良いですよ」 思いつかなかった、音痴でも楽器は出来るのだ! どうしてその楽器を選んだのか、これはもうインスピレーションとしか言えないが、ある日サックスを始めようと閃いた。

さらに表示する